人気のコーノ式コーヒー豆の通販は聖珈琲へ。おいしいコーヒーとサイフォンとドリッパーの専門店

RSS

コーヒー豆の保存方法(冷凍保存が良いなど)

聖珈琲コーヒー豆の保存方法キャニスター




【コーヒー豆の味が変わってしまう原因】



 ゞ気に触れる


  コーヒー豆は焙煎すると油分が豆に膜を作ります。


  油と酸素は結合して酸化を起こし、

  空気に触れるたびに風味が劣化していきます。


  開封後は必ず密閉された容器に入れ換え、

  使用した際はしっかりと蓋をしましょう。


  特に、粉に挽いた場合は表面積が大きくなる分、

  より風味の劣化も早まります。


  できれば、飲む量だけを家庭用電動ミルなどで

  挽いて愉しみましょう。



 高温にさらす


  高温の場所では酸化を助けてしまうので、

  珈琲豆の劣化が早まります。


  夏場や暖房のきいた部屋の中では冷暗所(冷蔵庫など)に

  保管しましょう。



 湿度による吸水


  コーヒー豆は除湿の効果もあると言われるように

  湿気を吸水しやすく、風味を損ねる原因となります。


  湿気の多い梅雨の時期や夏場、特に粉に挽いた場合は、

  表面積が大きくなる分吸収量も多くなります。


  乾燥剤を取り貯めておき、

  保存容器の中に入れて置くこともよいでしょう。



 じの当たる場所


  光と油脂の関係も酸化を起こす原因となりますので

  直射日光や蛍光灯に当て続けることは避けましょう。


  光を通さない容器が最適です。



 テい移り


  コーヒー豆は脱臭剤にもなると言われるように、

  他の香りを吸収しやすい性質を持っています。


  保存容器を洗う洗剤やスポンジ、お部屋の芳香、

  冷蔵庫の匂いにも気をつけましょう。



聖珈琲コーヒー豆の保存生豆


【コーヒー豆の保存方法まとめ】


専門店に行くと蛍光灯の下で透明な大きな容器に入れ、

オシャレなディスプレイを目にすることがあります。
 
  
これは美味しそうに見せる為の演出なので、

ご自宅で美味しく飲むためには

くれぐれも真似をされないように。


お手元に届いたら直ぐに、

冷暗所・冷蔵庫・冷凍庫などで保管し、

開封後は無臭で密閉された容器に入れ換えましょう。



 【当店の焙煎豆がお手元に届いたら】


 ゞ気や光を通さない容器で常温

 ・挽き豆にしたら1日で飲み切ります

 ・豆のままなら1週間までに飲み切ります


 ⇔箘貼蝓ξ簑庫

 ・挽き豆にしたら2週間までに飲み切ります

 ・豆のままなら1ヶ月までに飲み切ります


 N篥犖

 ・挽き豆にしたら1ヶ月までに飲み切ります

 ・豆のままなら2ヶ月までに飲み切ります


 ま擦譴燭

 ・淹れたら1時間以内に飲み切ります

ページトップへ