人気のコーノ式コーヒー豆の通販は聖珈琲へ。おいしいコーヒーとサイフォンとドリッパーの専門店

RSS

カフェインの血管収縮作用、血流改善

コーヒーの気になる話しカフェイン



 【冷やすと楽になる頭痛にコーヒーが有効】


 カフェインは血管収縮作用と、

 鎮痛剤などにも使用されるように解熱鎮痛作用があります。


 冷やすと楽になるような血管拡張型の「偏頭痛」であれば、

 酷くなる前の対処療法として活用できます。


 香りでリラックスしながら、冷たいオシボリ冷湿布

 などと併用すると更に効果的です。


 疲れている時のコーヒータイムは電子機器などの強い光を遮り、

 ゆっくりと寛ぎましょう




コーヒーの気になる話しカフェイン



 【体力と集中力が命!

   職人さんに学ぶコーヒーの摂り方】



 職人さんは、カフェインの効果を身を持って実感されており、

 朝早くから厳しい環境で働いているからこそ、

 コーヒーを取り入れながら積極的に休憩されています。



  10時に一服!

 脳の血流が悪くなりがちな午前中、

 ボーっとして起こる事故やミスを防ぐ為に。


  昼食後に一服!

 仮眠(シエスタ)の前に飲みます。

 カフェインが効き始める30分以内には

 シャッキリ目覚め
、仕事が捗ります。


  3時に一服!

 午後の集中力が途切れる頃は、事故やミスを防ぐ為に。

 コーヒータイムの際のアロマは副交感神経を優位にして

 疲労を和らげる
為、体調を整えます。




  【カフェインの効果】


 ・覚醒作用により脳の血流が改善し活性化され、

  集中力が高まる



 ・血流が良くなることで筋肉疲労を改善し、

  より活動的になる。(栄養ドリンクにも入っている)


 ・消化吸収を助ける(胃酸過多の人は、空腹時は避ける)


 ・利尿作用や腸の働きが活発になり、体内の不要なものや

  疲労物質が排出される(デトックス効果


 ・脂肪分解酵素が活性化され、代謝がよくなる




  その他にも、コーヒーに含まれる

  ポリフェノール(クロロゲン酸)の抗酸化作用


  によって

  細胞レベルの老化防止効果
など、

  美容・健康維持への効果が研究され続けています。



コーヒーの気になる話しカフェイン続き



 【質の良い新鮮な焙煎豆で健康維持】


 焙煎したての新鮮で質の良いコーヒー豆は、

 血液サラサラ効果のあるアルカリ性の食品です。

 ブラックでも飲みやすいコーヒーのアロマは、

 極上の時間を与えてくれ心をクールダウン

 させてくれます。


 対して、


 大量の砂糖やクリーム(乳化剤)なしでは口寄せできない

 味ならお勧めできません。


 また、焙煎してから時間が経過した

 缶コーヒーやインスタントコーヒーは酸性

 に傾いていますし
食品添加物やエグ味も多いため


 血液サラサラ効果は期待できず、
気持ち悪くなりやすい様です。



 これは個人的な意見ですが、

 缶コーヒーやインスタントコーヒー

 一日に何杯も飲む人の肌は綺麗とは言いがたい
傾向です。


 肌は内臓の鏡とも言います。

 自分の身体に聞きながら良いものを少量原則で愉しみましょう。




  【過ぎたるは猶及ばざるが如し】


 ・マグカップなら1日2〜3杯まで!

 ・コーヒーカップなら1日に4〜6杯まで!


 ライフスタイルに合わせ、何度かに分けて摂ることを

 推奨します。





ページトップへ